【橘S】ダディーズビビッドV 竹之下「ポテンシャルは高く距離もベスト」

[ 2021年5月9日 16:15 ]

 9日の中京10R・橘S(芝1400メートル)は7番人気ダディーズビビッド(牡3=千田、父キズナ)が4馬身差の圧勝を見せた。道中4番手で折り合い、直線一気に台頭。他馬を振り切った。

 鞍上の竹之下はこれがうれしい今年初勝利。「ポテンシャルは高い馬。距離もベスト。乗せてくれた関係者に感謝です。まだまだ良くなると思います」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「マーメイドS」特集記事

2021年5月9日のニュース