【NHKマイルC】ミスターX ソングライン本命!素質の高さ評価

[ 2021年5月9日 05:30 ]

 NHKマイルC(東京11R)はソングラインを本命視。昨年6月のデビュー戦でフローラS覇者のクールキャットの2着。次走11月の未勝利戦で快勝し、紅梅Sを好タイムで制して2連勝と、素質の高さを見せていた。

 前走・桜花賞は15着と大敗。だが、3コーナー付近での不利で馬が戦意喪失してのもの。本来の力を発揮できずに終わった。この中間は前走の影響もなく、順調な仕上がり。追い切りではWコースで元気いっぱいに駆け抜けて、ラスト1F11秒9の脚で僚馬を2馬身も突き放していた。

 林師も「いい状態で臨めそう。ここまで順調にきてホッとしています」と話し、引き続き手綱を取る池添も「前走が不完全燃焼なので今度こその気持ち」と意気込む。前走からの巻き返しに期待する。(10)から(4)(7)(8)(12)(15)。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年5月9日のニュース