【NHKマイルC】シュネルマイスター 4戦目Vなら史上最少タイ、手塚師「G1で好勝負できる」

[ 2021年5月7日 05:30 ]

厩舎周りで運動するシュネルマイスター(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 新馬戦(1着)→ひいらぎ賞(1着)→弥生賞(2着)とまだ3戦のシュネルマイスター。4戦目での戴冠なら、デビュー4連勝で12年NHKマイルCを制したカレンブラックヒルに並ぶレース史上最少キャリアタイとなる。手塚師は「キャリアは浅いけどG1で好勝負をできるポテンシャルがある馬だと思っている。強い相手がそろったけどレースでそれを証明したい」と意気込んでいた。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年5月7日のニュース