【桜花賞】ソダシ強すぎ!コースレコード大幅更新!「みんなで力合わせて」花開かせた

[ 2021年4月12日 05:30 ]

<桜花賞>クビ差でサトノレイナスに勝利し白毛馬初のクラシックを制したソダシ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ソダシが本当の強さを見せつけた。「第81回桜花賞」を5戦5勝で制した白毛のスーパーヒロインは、中118日での臨戦にもかかわらず空前のハイペースを好位で踏ん張って1分31秒1という驚異のレコードで快走。競馬の常識を軽々と飛び越えてみせた。

 もう単なるアイドルホースじゃない。ソダシの強さは歴史的名牝のレベルだ。1000メートル通過56秒8は、JRAにラップタイムが残る86年以降、桜花賞最速ペース。その中を先団3番手で立ち回り、コースレコード1分31秒1で勝ち切るのだから想像を超えている。須貝師は「力を最大限に引き出してくれた吉田隼騎手、ソダシに関わった全ての方に感謝の気持ちでいっぱい」と話した。

 ソダシに古い常識は通用しない。この日の阪神は直前の10Rもレコード決着。桜花賞が速い時計になることは必至だった。ダートの活躍馬を多く出してきた白毛一族。速い時計に対応できるのか?徐々に単勝の売れ筋はサトノレイナスへと傾き、締め切りの約5分前、ついに1番人気を譲った。そんな人間の予想をソダシは鮮やかに飛び越えた。

 四半世紀の間、白毛一族を大事に育て、ついに突き抜けた1頭を出した金子真人オーナー。馬は自分の目で選ぶが管理は調教師を信頼して一任する。須貝師は「全てのことを任せてもらっている。これは非常にありがたいこと」と感謝する。

 快挙を果たしたソダシを優しく迎えたのが今浪隆利厩務員だ。かつて暴れん坊のゴールドシップをG1・6勝へと導いた腕利きは目を細める。「みんなが力を合わせた結果、勝つことができたと思っている。金子オーナー、厩舎スタッフには感謝。明るい話題を提供できて良かった」

 白毛のポテンシャルを信じた金子オーナー。自信を胸に中118日で送り出した須貝師。ベテランらしく馬に優しく声を掛け続けた今浪厩務員。そしてハイペースの中を攻め抜いた吉田隼。一人でも欠ければソダシの革命はなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年4月12日のニュース