【皐月賞】ボーデン フレグモーネ発症で回避

[ 2021年4月9日 05:30 ]

 スプリングS3着ボーデン(牡=木村)は右トモ(後肢)のフレグモーネ(傷腫れ)を発症したため8日、皐月賞回避が決まった。社台グループオーナーズの発表によれば、スプリングS後はいったん放牧を挟み、本番に照準を合わせていた。7日になって運動中に右トモの運びに違和感があった。美浦トレセン診療所で検査を受けたところ、フレグモーネの初期段階であると判明。1週前追い切りを予定していた8日の馬場入りを控えざるを得なかった、としている。今後は治療に専念し、状態次第で次走を検討する。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年4月9日のニュース