【ジャパンC】(1)カレンブーケドール、初G1へ幸運枠番 過去10年3着内率70%

[ 2020年11月27日 05:30 ]

カレンブーケドール(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 悲願のG1初制覇を目指すカレンブーケドールが“ラッキー馬番”の最内1番をゲットした。過去10年で【3・2・2・3】で勝率30%、3着内率70%の好成績。16年キタサンブラック、17年シュヴァルグラン、18年アーモンドアイと3連勝。そして、昨年はブーケドール自身が引き当て、勝ったスワーヴリチャードから3/4馬身差で奮闘した。

 1枠1番の報を聞いた国枝師は「ある程度の位置に行く馬。内枠はいいと思うよ。昨年と同じ枠?そうだっけ?」と表情を緩ませた。最終追いに騎乗した主戦・津村は「先週やったことでかなり状態は上向いている。昨年よりパワーアップしている」と成長を感じ取っている。昨年と同じ1番枠から、欲しいのは金メダルだけだ。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年11月27日のニュース