【スプリンターズS】ダイアトニック95点 開花直前の“つぼみ”5歳秋に本格化

[ 2020年9月29日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<スプリンターズS>5歳秋になって本格化してきたダイアトニック
Photo By スポニチ

 桜といえば春の季語ですが、秋に開花する遅咲きの品種もあります。例えば、ジュウガツザクラ、ヒマラヤザクラ。例えば、ダイアトニック。5歳秋になって、つぼみが膨らむように体つきがふっくらとしてきました。特にトモは丸みを帯びて、はち切れそうなほど膨らんでいる。今週末にも開花かと思わせる気配です。

 立ち姿も変化しました。今春の高松宮記念(3着)時には気負うように上げていた尾を自然に垂らしています。顎下を押さえ込まれたせいで口を半開きにしていますが、気負いはありません。父ロードカナロアは3冠牝馬アーモンドアイのように早くから活躍する産駒も出せば、自身に似た晩成型も輩出する。ダイアトニックは後者。秋の中山で花開く遅咲きの品種か。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月29日のニュース