デアリングタクト、今週帰厩 直行で秋華賞へ

[ 2020年9月2日 05:30 ]

オークスを制した松山はデアリングタクトの鞍上でガッツポーズ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 春の牝馬2冠を制したデアリングタクト(牝3=杉山晴)は今週中に栗東トレセンに帰厩する。「間隔が空くのは気にならない馬なので」と杉山晴師。直行で秋華賞(10月18日、京都)へ向かう。安田記念を制したグランアレグリア(牝4=藤沢和)も今週中に帰厩。ルメールとのコンビ復活でスプリンターズS(10月4日、中山)へ。

 また、同厩舎で紫苑S(12日、中山)出走予定レッドルレーヴ(牝3)の鞍上は三浦、京成杯AH(13日、中山)出走予定アルーシャ(牝5)の鞍上は戸崎に決まった。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年9月2日のニュース