【新潟12R】ロッテ・吉井コーチ所有馬のツルネ快勝 秋華賞挑戦見えた

[ 2020年7月25日 17:15 ]

<新潟12R 3歳以上1勝クラス>ロッテの吉井理人投手コーチが所有するツルネ(中央手前・鞍上は吉田豊)がレースを制する(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 現千葉ロッテマリーンズ投手コーチ吉井理人氏がオーナーのツルネ(牝3=高橋文、父メイショウサムソン)が、新潟12R(芝1600メートル)を追い込んで勝ち、通算2勝目を挙げた。吉田豊は「前回は勝ちパターンで狭くなった。きょうはうまく外に出せた。この雰囲気なら距離が延びても大丈夫」と太鼓判。この勝利でG1秋華賞(10月18日、京都)挑戦が見えてきた。

 高橋文師は「ちょっと次元が違うなと感じた。これからはトライアルに向けて逆算していく。1回1800メートルを使いたい」と秋の大目標をしっかり見据えていた。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2020年7月25日のニュース