【平和島・クラシック】坂口 悔しい3着…ペラぶつけ破損のアクデント

[ 2020年3月23日 05:30 ]

<ボートレースクラシック優勝戦>レース前に先端が曲がった坂口のペラ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 SG初優出の坂口は、同じく初優出の吉川昭に2周1Mで逆転され3着。8R前にボートを乗せる台車にプロペラをぶつけて破損し新ペラに交換するアクシデントがあった。「ペラを叩く時間が1、2レース分しかなかったが上出来だった。井口君に言われて開き直って行けたのが良かったかも。でも選手を二十何年やってきて、こんなに悔やんだことはない」と唇をかんだ。スタート練習後は「全然駄目」と苦悶(くもん)の表情だったが、何とか最善は尽くした。「これでグランドチャンピオンの出場権利は獲れた。また頑張っていく」と前を向いた。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年3月23日のニュース