松本選手事故死から一夜明け尼崎に献花台 死因は溺死

[ 2020年2月11日 05:30 ]

9日のレースで衝突事故死した松本勝也選手のために設置された献花台
Photo By 提供写真

 尼崎ボートレース場で9日のレース中の事故により死亡した松本勝也選手(兵庫=享年48)の死因が溺死だったと兵庫県警が10日、発表した。

 また、入場門と対岸にはこの日、半旗が掲げられた。献花台が場内に設置され、ファンは地元が誇った名手との突然の別れを惜しんだ。記帳台も設けられ、ファンからの感謝と惜別のメッセージが記された。献花台は11日まで設置予定。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年2月11日のニュース