【オークス】上昇サクヤ 全開!満開!アーモンド2冠止める

[ 2018年5月14日 05:30 ]

桜花賞後は短期放牧を挟み、順調に乗り込まれているレッドサクヤ
Photo By スポニチ

 春2冠制覇か、それとも偉業阻止か――。牝馬クラシックは舞台を東京に移して第2ラウンドの「第79回オークス」を迎える。桜花賞で衝撃的な差し切りVを飾った関東馬アーモンドアイがドンと構えて1強ムード。しかし、ライバル陣営も黙ってはいない。リーディング首位を独走中の藤原英厩舎ではレッドサクヤがスタンバイ。休み明けの桜花賞7着をステップに上昇ムードを漂わせている。 オークス

 厩舎のスローガンに「一戦必勝」を掲げ、キッチリ仕上げて最適と思える条件に起用していく。西の藤原英師は年明けから驚異的なペースで勝ち星を積み重ねてきた。既に今年34勝を挙げリーディングを独走中だ。パフォーマプロミスで日経新春杯、ミスターメロディでファルコンS、エポカドーロで皐月賞勝ちと中身も濃い。藤原英師は常々「数字に興味はない」とサラリと流しながらも「厩舎サイドだけじゃなく生産者や牧場スタッフら、みんなの思いが一頭一頭に詰まっている。それに応えるために頑張らないといけないし、責任を負っている」と力を込める。

 オークスにはレッドサクヤを起用。2走前のエルフィンS勝ちで賞金を加え、2カ月空けて桜花賞へ。道中は好位の外。前に壁がないポジションでも、しっかり脚がたまっていた。早めに動いて最後は脚色が鈍ったものの、先行集団に厳しい展開で7着なら悲観する必要はない。その後は2週間の放牧を挟み、順調に乗り込みを重ねている。1週前追い切りはCWコースで3頭併せ。キビキビと動いて6F80秒0〜1F12秒1を刻み、ダノンフォワード(3歳未勝利)に2馬身差、ルペールノエル(8歳障害オープン)に3馬身差で真っ先にゴールを駆け抜けた。

 稽古をつけた福永は「肩ムチを入れたらシュッと反応した」と好感触。厩舎の先輩でもある半姉エイジアンウインズ(08年ヴィクトリアマイル勝ち)に続くG1獲りを目指す。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2018年5月14日のニュース