【東京ダービー】36回目も戴冠は叶わず 的場3着「あれでダメなら仕方ない」

[ 2017年6月7日 21:08 ]

<東京ダービー>3着の的場文男騎手が騎乗したブラウンレガート    
Photo By スポニチ

 36回目の東京ダービーも戴冠は叶わなかった。

 ブラウンレガートは道中内ラチ沿いの3番手をキープ。直線も最内を通って伸びたが、上位2頭の伸びには及ばず3着に終わった。「最高に上手く乗れた。あれでダメなら仕方ない」とサバサバした表情の的場。去り際に「来年だね!」と自身が“宿題”とするダービー制覇を力強く誓った。

 ちょうど3カ月後の9月7日に61歳になる帝王。その闘志が尽きることはなく、今日のダービーを終えた瞬間から、すでに37回目の挑戦に気持ちは向かっている。

続きを表示

「エプソムC」特集記事

「函館スプリントS」特集記事

2017年6月7日のニュース