【マーメイドS】今度こそ!ミラーグロ導く“最多コンビ”

[ 2017年6月7日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・美浦=6日】5週連続G1が終わっても5日に盛岡でスーパージョッキーズトライアル、今日は大井で東京ダービーがあり、秋田の競馬熱は上昇の一途。日本全国、さらには世界にも注目。スウェーデンでの「レディースワールドチャンピオンシップ」に参戦の藤田菜七子(19)から根本師に、英仏両ダービーを観戦したという写真付きメッセージが届いた。今年は既に昨年の6勝に迫る5勝と好調の菜七子。4カ国目の海外遠征はまた一つ彼女の糧となるはずだ。

 一方、美浦でも“女の戦い”が熱い。マーメイドSに向かうクインズミラーグロは、今年3戦全て3着。前走後に短期放牧を挟み、調整は順調。和田道師は「具合はいい。昨暮れに勝ったカウントダウンSと同じ舞台だし、いいレースを期待している」と、馬房の愛馬に目を細めた。

 今回は鞍上に1年2カ月ぶりの幸。1081回(12年)のJRA年間最多騎乗記録を持つ幸と、現役最多JRA出走回数(歴代3位)1万364回を誇る同師の“最多コンビ”が、今度こそ勝利をつかみ取る。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2017年6月7日のニュース