【京都記念】ガリバルディ 二千以上は久々も「折り合い大丈夫」

[ 2017年2月9日 05:30 ]

<京都記念>川田騎手が乗り、CWコース単走で力強いフットワークをみせたガリバルディ
Photo By 提供写真

 ガリバルディは初コンビの川田を背にCWコースで単走追い。スムーズに折り合い、直線はダイナミックなフットワークで駆け抜けた。見守った藤原英師は「ジョッキーに慣れてもらうように乗ってもらった。人馬一体が重要。そうしたら、しまいも切れるからな」と満足げ。2000メートル以上の距離は3歳時以来となるが「成長して乗りやすくなっているし、いい競馬ができると思う」と期待を寄せていた。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2017年2月9日のニュース