【京都記念】ライデン 叩いてスリムに!しまい流して12秒3

[ 2017年2月9日 05:30 ]

池添騎手を背にCWコース単走で追い切られたヤマカツライデン
Photo By 提供写真

 ヤマカツライデンは開門直後のCWコースで池添騎乗で長めから追われ、6F76秒3〜1F12秒3。「しまいは流した。時計は出ているだろうと感じたし、状態も上がってきていると思います」と池添。前走はプラス14キロでやや余裕もあった。休み明けをひと叩きしての上積みも十分に見込めそう。8走前の芝替わりから徹底した逃げ戦法。「ハナに行くだけ。スタイルを崩すことはないです」と話した。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年2月9日のニュース