【ラジオNIKKEI賞】戦い終えて

[ 2016年7月4日 05:30 ]

 ▼3着アーバンキッド(福永)折り合いはスムーズだったが、外枠で内に入れられなかった。それでもいい脚を使ってくれたし、直線の長いコースが合いそう。

 ▼4着アップクォーク(柴山)ゲートが速くなくて後ろからに。自分から動いていきたかったが…。

 ▼6着ジョルジュサンク(田辺)途中から他馬に来られても惑わされずに行けた。重量差もあるのかも。

 ▼7着ナイトオブナイツ(松山)うまく折り合いがついたが、そんなに器用なタイプでないので小回りより広いコースの方が合っているのでは。

 ▼8着ミライヘノツバサ(内田)もう少し時計がかかった方が良かった。

 ▼9着ロードヴァンドール(四位)ハナに行きたかったが、内の馬が速かった。

 ▼10着ストーミーシー(江田照)ポジションを取りに行かず、じっくり構えた方がいいのかも。

 ▼11着ピックミータッチ(杉原)スタートが全て。しまいはしっかり伸びた。

 ▼12着キングハート(嘉藤)最後は止まったが力を付けている。

 ▼13着トモトモリバー(丸田)うまくさばけたが最後は止まってしまった。

 ▼14着カネノイロ(田中勝)張り切って走っていたし、距離が長かった。

 ▼15着ミエノドリーマー(蛯名)マイル以下の馬。ただ力を付けているし、これから良くなると思う。

 ▼16着カープストリーマー(中谷)周りに馬がいる競馬が得意でないのかも。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2016年7月4日のニュース