【全日本2歳優駿】皇成騎乗のディアドムス、G1初制覇

[ 2014年12月17日 21:29 ]

 地方競馬の第65回全日本2歳優駿(1600メートルダート、統一G1)は17日、川崎市の川崎競馬場で行われ、3番人気で中央所属のディアドムス(三浦皇成騎乗)が1分45秒3で優勝し、G1初制覇を飾るとともに、1着賞金3500万円を獲得した。三浦騎手、高橋裕調教師ともにG1初勝利。

 4、5番手を進んだディアドムスは最後の直線の入り口で先頭に立つと、長くいい脚を使って押し切った。半馬身差の2着は1番人気のタップザット、3着には4番人気のタイセイラビッシュが入り、中央勢が上位を独占した。

 払戻金は単勝が420円、枠複は(5)―(6)で510円、枠単は(5)―(6)で1150円、馬複は(7)―(9)で570円、馬単は(7)―(9)で1210円、3連複は(6)―(7)―(9)で720円、3連単は(7)―(9)―(6)で3830円、ワイドは(7)―(9)が220円、(6)―(7)が300円、(6)―(9)が240円。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2014年12月17日のニュース