【京都新馬戦】フミノムーン差し切りV!幸「センスがいい」

[ 2014年10月26日 05:30 ]

 京都5R新馬戦(芝1600メートル)好位の中団で脚をタメたフミノムーン(牡=西浦、父アドマイヤムーン)が差し切り初陣Vを飾った。幸は「調教は馬場が悪くて遅れたが、反応が良かったので楽しみにしていた。レースセンスがいいですね」と好感触。最後の直線は馬群を縫うように加速する器用さを見せた。西浦師は「馬群をさばいていたし内容が良かった。今後は朝日杯FS(12月21日、阪神)を目標に調整したい」と力を込めた。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2014年10月26日のニュース