【ヴィクトリアM1週前追い】追ってひと言

[ 2013年5月2日 06:00 ]

 ▼ドナウブルー(杉山助手)他馬を怖がる面がきつくなっている。そこが実戦に行ってどう影響するか。

 ▼フミノイマージン(本田師)しっかり動けていたし、体つきもイメージ通り。好天でやれることが条件。

 ▼ホエールキャプチャ(蛯名)休み明けをひと叩きして動き良化。昨年勝っているレース。気持ちが途中で途切れなければ。

 ▼マイネイサベル(水野師)併せ馬でしっかり負荷。充実している。前走(福島牝馬S2着)は輸送しても馬体が絞れなかったが、今回はしっかり仕上がる。

 ▼メーデイア(笹田師)しまい重点でいい動き。ここにきて充実。

 ▼レインボーダリア(二ノ宮師)走りたいという意欲にあふれている。休み明けを1度使って身のこなしが軽くなった。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2013年5月2日のニュース