【巴賞】「大人になった」ルルーシュ 勝って秋G1だ

[ 2012年6月29日 06:00 ]

【巴賞】藤沢和師が期待するルルーシュは力強い追い切りを見せた

 函館日曜メーン・巴賞の有力馬ルルーシュは美浦から駆けつけた藤沢和師が見守る中、追い切られた。田面木(レースは内田)を背にWコースで5F68秒4~1F12秒8(馬なり)。単走で力強く駆け抜けた。指揮官は「順調に来ているね」と目を細めた。

 2歳夏の札幌で新馬戦V後、札幌2歳S4着。3歳1月の500万で2勝目を挙げた矢先、約1年2カ月の長期休養に入った。今春3月に復帰後は4戦2勝。現在準オープンの身でも、1階級上のオープン挑戦が陣営の期待の証だ。夏は福島、新潟を主戦場とする内田も意欲の函館初参戦。師は「ここをしっかりクリアして今後につなげたい」と秋のG1進出を見据え、とりこぼせない決意だ。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2012年6月29日のニュース