【CBC賞】高倉 スダチ52キロなら楽しみ

[ 2012年6月29日 06:00 ]

 【東西ドキュメント・栗東=28日】先週の米子Sは3連単1272万7500円の大反乱。1~3着まで無印だった坂田には想像もつかない決着だった。1着は11番人気のフラガラッハ。騎乗した高倉は「返し馬の雰囲気が良かったから」としてやったりの表情を見せた。

 その高倉がCBC賞で騎乗するのがシゲルスダチ。ハンデ52キロなら人気薄でも怖い。先週の再現はないか。印象を聞いてみると「乗っていないので何とも言えないが、厩舎の人から具合はいいと聞いている。力はありそう」とまんざらでもない様子。今年の目標が「重賞を勝つこと」という高倉にとって、大きなチャンスと意気込んでいる。

 さらに「この中京開催で達成したい」と言うのがJRA通算100勝。あと4勝に迫っているが「あくまで通過点だと思うけどね」と付け加えて自然体を強調。さあ、メモリアルVに挑戦だ。

続きを表示

「2019 有馬記念」特集記事

「暮れの中山の名物レース 中山大障害」特集記事

2012年6月29日のニュース