ばんえい競馬騎手を逮捕 同僚暴行容疑

[ 2012年6月4日 17:46 ]

 北海道警帯広署は4日、同僚の男性騎手を突き飛ばしたとして、暴行の疑いで、帯広市が主催するばんえい競馬の騎手鈴木恵介容疑者(35)=旭川市西神楽南2条2丁目=を逮捕した。「やっていません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は4月29日、帯広競馬場の待機室で、当時騎手だった男性(23)の胸をつかんで突き飛ばすなどした疑い。

 帯広署によると、被害男性と鈴木容疑者、騎手藤野俊一容疑者(51)=傷害容疑で逮捕=の3人は、待機室で酒を飲んでいて口論になり、藤野容疑者が男性の顔を蹴って顎の骨を折る重傷を負わせた後、鈴木容疑者が暴行したという。

 帯広市ばんえい振興室は、2人に騎乗停止などの処分を検討している。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2012年6月4日のニュース