大混戦だった安田記念、1番人気支持率は過去最低の12・05%

[ 2012年6月4日 06:00 ]

 1番人気だったサダムパテックの単勝支持率は12・05%で、84年のグレード制導入以降で最低。これまでの最低支持率は89年ダービーのロングシンホニー(5着)で12.30%。勝ったストロングリターンは2番人気だったが支持率は11.79%だった。空前の大混戦となった難解G1。入場者は前年比86.3%の5万6798人とファンの出足は鈍かったが、売得金は155億9904万3500円で、前年比99.4%と健闘した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2012年6月4日のニュース