声優・梅津秀行さん 間質性肺炎で死去 68歳 「ハリー・ポッター」「ライオン・キング」などで活躍

[ 2024年5月21日 14:36 ]

声優・梅津秀行さん死去
Photo By スポニチ

 声優の梅津秀行さんが間質性肺炎で亡くなっていたことが21日、分かった。享年68。所属事務所「81プロデュース」が公式サイトで発表した。

 事務所は「弊社所属俳優 梅津秀行 儀 令和6年5月17日 間質性肺炎のため、68歳にて永眠致しました」と発表。「葬送の儀につきましては、ご遺族の意向により親族のみにて執り行われました。ここに生前中の御厚誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます」と伝えられた。

 なお、梅津さんの公式Xは今年4月まで更新されており、たわいもない話題を朗らかに投稿。自身の出演作についても宣伝を続けていた。

 梅津さんは、数々の人気アニメを始め、洋画の吹き替えでも活躍。映画「ハリー・ポッター」シリーズでは、アーサー・ウィーズリーの声を演じた。ディズニーアニメ「ライオン・キング」ではザズーの声を演じている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月21日のニュース