「虎に翼」満点なんて…久保田移住&中山育児 妊娠の寅子“最後の砦”ネット心配「1人で背負わないで」

[ 2024年5月21日 08:15 ]

連続テレビ小説「虎に翼」第37話。久保田聡子(小林涼子・右)は夫の実家がある鳥取に移り住むことになり…(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の伊藤沙莉(30)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「虎に翼」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は21日、第37話が放送された。話題のシーンを振り返る。

 <※以下、ネタバレ有>

 向田邦子賞に輝いたNHKよるドラ「恋せぬふたり」などの吉田恵里香氏がオリジナル脚本を手掛ける朝ドラ通算110作目。日本初の女性弁護士・判事・裁判所所長となった三淵嘉子氏をモデルに、法曹の世界に飛び込む日本初の女性・猪爪寅子(ともこ)の人生を描く。吉田氏は初の朝ドラ脚本。伊藤は2017年度前期「ひよっこ」以来2回目の朝ドラ出演、初主演となる。

 第37話は1942年(昭和17年)3月、猪爪直言(岡部たかし)の工場は軍からの注文が途切れず、順調に稼働していた。戦時下、食べ物が貴重になる中、佐田優三(仲野太賀)は一緒においしいものを食べ、裁判で“失態”を犯した佐田寅子(伊藤沙莉)を元気づける。その夜、寅子は「どんな弁護士になりたかったか」、優三は「法律の本を出すことが夢だった」と仲睦まじく語り合う。やがて、猪爪家にうれしい知らせが舞い込む…という展開。

 甘味処・竹もと。久保田聡子(小林涼子)は「ご夫人らしいしゃべり方をしろと、先輩方から注意されてしまって」「今度、夫の実家がある鳥取に、家族と移り住むことにしたの。弁護士の仕事も辞めると思う。中山くん(千春/安藤輪子)も、しばらくは子育てに専念するそうだ。婦人弁護士なんて物珍しいだけで、誰も望んでなかったんだ」「結婚しなければ半人前、結婚すれば、弁護士の仕事も家のことも満点を求められる。絶対満点なんて取れないのに」。寅子の目には涙がにじんだ。

 竹もとには「今月末にて閉店いたします」の張り紙。桂場等一郎(松山ケンイチ)も来店。団子を食べ、寅子たちの話を聞いていた。

 山田よね(土居志央梨)は高等試験に挑戦し続けていたが、合格ならず。寅子は弁護依頼に加え、久保田に代わって婦人雑誌の法律相談連載も。「仕方ないじゃない。私がやるしかないんだもの」。寅子が“最後の砦”となった。

 SNS上には「ワンオペはきつい」「桂場さん、団子食べ納めか…」「身重なのに無理しないで」「抱え切れないよ…」「1人で背負わないで」などと心配の声が相次いだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月21日のニュース