×

ガッキー&星野源 逃げ恥婚! 極秘交際半年で電撃発表

[ 2021年5月20日 05:30 ]

TBS「逃げるは恥だが役に立つ」の劇中で結婚した新垣結衣(左)と星野源(c)TBS
Photo By 提供写真

 俳優で歌手の星野源(40)と女優の新垣結衣(32)が19日、結婚することを電撃発表した。2人は16年のTBSの大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で契約結婚する夫婦を好演。昨年10月に逃げ恥のスペシャルドラマの撮影で再会し、12月から結婚を前提にした交際がスタート。わずか半年でゴールインを決めた。交際すら公になっていなかったため、突然の“逃げ恥婚”は日本列島に衝撃を与えた。

 19日午後4時、衝撃が走った。「星野源と新垣結衣は、このたび結婚する運びとなりました事をご報告させていただきます」――。2人の署名入り文書が報道各社に届き、2人もインスタグラムやファンクラブサイトで結婚を発表。ニュース速報が流れると、全国から祝福の声が続々。ツイッターのトレンド上位は2人に関連する言葉で埋め尽くされた。

 星野は「2人で力を合わせながら、穏やかに生活を営んでいけたら」と誓い、新垣も「これからも変わらず、共に穏やかに、ささやかながらも豊かな生活を送ることができたらと思っています」とつづった。

 所属事務所によると、婚姻届は時期を見て提出する予定で、同居もこれから。新垣は妊娠しておらず、今後も女優業を続ける。このタイミングでの発表については、関係者が「互いの今後の仕事の状況などを考えて、サポートし合っていくため」と説明。ドラマ関係者によれば、新垣は今の時期に予定していたドラマ出演を取りやめており、結婚準備に入っていたとみられる。

 水面下で愛を育んだ。昨年10月に始まったTBS「逃げるは恥だが役に立つ」(1月放送)のスペシャルドラマの撮影で再会。撮影や番宣活動を終えた同12月に、結婚を前提にした交際が始まった。それからわずか半年でゴールインを決めた。

 2人のコメントでは「穏やか」という言葉が共通点。ドラマ関係者は「2人とも私生活は派手ではなく、ごく普通の暮らしを好む人。一緒に生活していく上で大切にしている部分が似ていたのでは」と推測した。

 初共演が16年放送の「逃げ恥」の連ドラ。契約結婚から次第に愛情が芽生えていく夫婦を演じた。関係がなかなか進まない2人のいじらしい姿は“ムズキュン”と好評で、当時から「本当にお似合い。結婚してほしい」という視聴者の声も多かった。18年はじめには実は星野が引っ越している。新垣が住む都内の高級マンションエリアの別棟。昨年末から交際とのことだが、2人の距離が文字通り接近していたのは間違いない。

 新垣は中学時代にモデル活動を開始し、その後は女優として長く活躍。現場で刺激的な毎日を過ごしていることから、いつからか「私生活は低刺激な時間を求め心がけ過ごしてきた」という。「そんな私が、皆さまに私生活についてこのような報告をする日が来るとは」と自分でも電撃婚に驚いている様子だ。

 ▽「逃げるは恥だが役に立つ」 2016年10月期にTBSで放送され、社会現象を起こしたラブコメディードラマ。原作は海野つなみさんの人気同名漫画。求職中の森山みくりと恋愛経験のない会社員の津崎平匡が契約結婚をする姿を描く。エンディングで星野が歌う主題歌「恋」に合わせて踊る「恋ダンス」も大ヒットした。今年1月には最終回のその後を描いたスペシャルドラマも放送された。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2021年5月20日のニュース