×

ドジャースの山本由伸が宮城、高橋宏とボクシング観戦 ネットも熱狂「3人仲良しでかわいい」の声も

[ 2024年1月23日 21:30 ]

プロボクシング 54・8キロ契約8回戦   ルイス・ロブレス―那須川天心 ( 2024年1月23日    エディオンアリーナ大阪 )

<ボクシング ロブレス×那須川>那須川の試合を観戦する(左から)中日の高橋宏、ドジャースの山本、オリックス宮城(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 元キックボクサーでボクシング転向2連勝中の東洋太平洋スーパーバンタム級6位の那須川天心(25=帝拳)がWBA、WBO世界バンタム級14位ロブレスを3回TKOで下し、転向3連勝を飾った。

 キック時代から含めて自身最軽量で挑んだ節目の公式戦50戦目。初回からジャブを出しながら左ボディーや左フックを当てるなど、スピードで圧倒した。3回にも強烈なボディーを当てた那須川。しかし、4回開始のゴングが鳴ったが、ロブレスが立ち上がることができない。右足首を痛めたということで、試合続行不可能となった。

 エディオンアリーナ大阪のリングサイドには、ドジャース移籍した山本由伸投手、オリックス時代の同僚の宮城大弥投手、昨年3月のWBCで2人と日本代表で世界一を勝ち取った中日の高橋宏斗投手の姿もあった。

 これには、SNS上でも「3人仲良しでかわいい」「由伸と宮城くんがボクシング観戦」などの声も上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「アントニオ猪木」特集記事

「井上尚弥」特集記事

2024年1月23日のニュース