×

天心VS武尊 フジ放送中止に榊原信行氏「経済的な条件で折り合わなかったんじゃない」

[ 2022年5月31日 20:22 ]

<THE MATCH2022記者会見>記者会見に登壇した(左から)RISE代表・伊藤隆氏、株式会社ドリームファクトリーワールドワイド代表取締役社長・榊原信行氏、K-1プロデューサー・中村拓己氏(撮影・藤山 由理)
Photo By スポニチ

 キックボクシングのRISE王者・那須川天心(23)とK―1王者・武尊(30)の“世紀の一戦”が行われる6月19日の格闘技イベント「THE MATCH 2022」(東京ドーム)に関する緊急記者会見が31日に行われ、フジテレビが地上波放送を取りやめたことに対して「THE MATCH2022」製作実行委員会の榊原信行氏が私見を述べた。

 この日、地上波放送する予定であったフジテレビが「主催者側との契約に至らず、フジテレビで放送しないことが決まりましたので、ここにお知らせいたします」と発表。これを受けて榊原氏、K-1プロデューサーの中村拓己氏、RISE代表の伊藤隆氏が出席した。

 フジテレビが地上波放送を取りやめたことに、榊原氏は一部週刊誌で「反社会勢力」との関わりについて報じられたことに潔白を訴えつつも、疑念が残るのであれば「ドリームファクトリーが抜けて、K-1、RISEの両団体に主催として引き続きやっていただく。そうすれば『THE MATCH』に関して放送しない理由ってないんじゃないかな」と語った。

 それでも「社内的に万が一何かあったらどうするって思う人がいるなら(自身は)どきますよ」とし「かつ、K-1さん、RISEさん含めて格闘技に信頼がないなら、信頼をおける企業さんに参画いただいて、新しく実行委員会組織組成すると。そしたら問題ないでしょ」と私見を述べた。

 また「ここではっきり言っておきますけど、経済的な条件でフジテレビさんが折り合わなかったんじゃないです」とし「フジテレビさんも口を開くとお金がないと言ってたんで、放映権料で折り合わなかったんじゃなくて、放映権料が安くても、それでも僕は2015年からRIZINに関して言えば、再度立ち上げるときフジテレビさんとともに、現在があるのはフジテレビさんのおかげだと、心から感謝もしてる」と感謝も伝えた。

 「一緒にこのコンテンツを作ってきた仲間がテレビ局の中にもたくさんいます。最後まで体を張って、この放送を守ろうとしてくれた役員の方、社員の方もいます。そういう方に応えるべくも、今年一番の視聴率、どんな全てのコンテンツを交えた中でもナンバー1が獲れると思ってた」と“世紀の一戦”の注目度は高いとした。

 そして「我々がステップバックしようとも、形を変えようとも、中村プロデューサー、伊藤代表にお願いして受け皿をつくっていただいて。それでも放送を死守したい。これは武尊への約束、天心への約束も含めて、ファンへの約束を守るために最後までやりました」と放送への尽力をつくしたことを語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年5月31日のニュース