村田諒太VSゴロフキン 歴史的ビッグマッチの観戦チケット本日18時受付開始

[ 2021年11月25日 16:08 ]

フォトセッションで対戦相手のゴロフキンが大きく描かれた背景をバックにポーズをとる村田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 ボクシングの帝拳ジムは25日、公式サイトでWBA・IBF世界ミドル級王座統一戦(12月29日、さいたまスーパーアリーナ)の観戦チケットを同日午後6時からローソンチケットで受付を開始すると発表した。チケット抽選の申込受付期間は25日午後6時から12月5日午後11時59分までで、ローソン・ミニストップ店頭Loppiでの取り扱いはないという。

 WBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(35=帝拳)と、WBA王座の19連続防衛という金字塔を打ち立てた現IBF王者くゲンナジー・ゴロフキン(39=カザフスタン)が激突する日本ボクシング史に残るビッグマッチ。価格はリングサイドA席22万円、リングサイドB席11万円、指定A席7万7000円、同B席5万5000円、同C席3万3000円、同D席2万2000円、同E席1万1000円で、いずれも消費税込み。

 試合は映像配信サービスAmazon「Prime Video(プライム・ビデオ)」でライブ配信されることが発表されている。

 チケットに関する問い合わせは、ローソンチケット https://l-tike.com/contact/へ

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年11月25日のニュース