格闘RIZIN新シリーズ11月28日に開催 ケージファイトに榊原CEO「世界的傾向として多い」

[ 2021年10月13日 17:56 ]

新シリーズ「RIZIN TRIGGER」を発表する榊原CEO(提供・RIZIN FF)
Photo By 提供写真

 総合格闘技イベント「RIZIN」は13日、新シリーズ「RIZIN TRIGGER(トリガー)」を11・28日に神戸ワールド記念ホールで開催すると発表した。10月2日に旗揚げした配信型の「RIZIN LANDMRAK(ランドマーク)」に次ぐ新機軸。リングにはケージが張り巡らされる。この日沖縄アリーナで会見した榊原CEOは「世界的な傾向としてはケージファイトが多い。いろんなチャレンジがあるなかでケージもあってもいいとは常々思っていた。試験的にケージのリングを作ってチャレンジしていきたい」と説明した。

 「RIZIN TRIGGER」は「再生・回帰、発掘・育成、地域活性」がテーマとなる。地方都市で格闘技熱が高い場所での開催が主体となり来年は4、5回の開催を予定。11・28の旗揚げ大会には10・2「LANDMRAK1」で朝倉未来と対戦した萩原京平の参戦が決定している。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年10月13日のニュース