RIZIN初の沖縄開催のメインは山本美憂とRENAの5年ぶり再戦 RENA「運命を感じて」

[ 2021年10月13日 18:01 ]

RIZIN沖縄大会で5年2カ月ぶりに再戦する山本美憂(右)とRENA(提供・RIZIN FF)
Photo By 提供写真

 RIZINは13日、沖縄市の沖縄アリーナで会見し、11月20日に沖縄アリーナで開催される「Yogibo presents RIZIN.32」のメインカードとして、山本美憂対RENAを発表した。

 山本が総合デビューを果たした16年9月25日の対戦相手がRENA。試合は、RENAがフロントチョークで1本勝ちしており、それ以来5年2カ月ぶりの再戦となる。RENAに敗れた後に弟のKIDら家族と沖縄に移って拠点を構えた山本は榊原CEOに沖縄大会への出場を直訴したという。会見では「家族で沖縄に移って、たくさんの方にお世話になりました。私にとってはホームゲームみたいなもの。成長した自分の姿を見てもらいたいなと思っています。それが皆さんへの恩返しになるのでは」と沖縄への熱い思いを口にした。リベンジマッチを5年間の集大成を見せる大会と位置づけ「デビュー戦の頃よりはだいぶ強くなった。打撃、寝技すべてで成長したと思う。大みそかのことは考えず、1つ1つ目の前の試合を勝って、次につなげたい。今回リベンジします」と力強く宣言した。

 受けて立つRENAも「対戦させていただいて、山本美憂さんとは勝手ながら運命を感じていて…。山本美憂さんとだからこそ時代を動かせたというか、ギアを上げられたと思うし、2回目があるからこそもっともっとギアを上げられる。凄くワクワクしています」と5年ぶりの対戦を楽しみにしている様子。約1年ぶりの実戦だが調整は順調だと明かし「私自身、最終章へ向けて、この試合勝つか負けるかでだいぶ人生が変わってくると思うので、ここはリベンジさせずに、私も華やかに試合をしていきたいと思います。来年へ向けて絶対に負けられない」と宣言した。

 会見では今年6月の「29」に出場した皇治の参戦も発表された。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年10月13日のニュース