中野幹士&藤田健児 帝拳ジムのホープ2人は米キシミーで次戦決定

[ 2021年10月13日 21:43 ]

藤田健児
Photo By スポニチ

 ボクシングの帝拳ジムは13日、公式サイトで同ジムに所属する中野幹士(26)と藤田健児(27)が次戦を今月29日に米フロリダ州キシミーで行うことが決まったと発表した。

 2018年10月のプロデビューから5勝4KOで、日本スーパーフェザー級17位につける中野は8回戦、今年3月のプロデビュー戦以来、2戦目となる藤田は6回戦に臨む予定。ともに対戦相手は未定だが、海外のリングはプロキャリア初となる。

 中野は「はじめにこのような機会を与えてくださった会長、マネージャー、ジムの関係者の皆さんに感謝です!!急に決まったんですが、減量も問題ないし、後は当日ベストでリングに上がれるように調整していくだけです!!色んな意味で全ていい経験になると思っています!応援よろしくお願いします!」とコメント。

 藤田も「このコロナ禍で本場アメリカの舞台で試合をさせていただけること本当に嬉しく思います。今回のテーマはとにかくインパクト!!!KENJI FUJITAを全米に見せつけられるよう頑張って来ます!!!」と意気込んでいる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年10月13日のニュース