袴田さん支援にクッズ製作 クラウドファンディングで費用募る

[ 2021年9月16日 05:30 ]

 東日本ボクシング協会は15日、定例理事会で「袴田巌支援委員会」とボクシング用品ブランド「RSC」が協力し、Tシャツなどの支援グッズを製作することを報告した。

 1966年に静岡県で発生した強盗殺人放火事件「袴田事件」を広く知ってもらうための活動で、今月中にクラウドファンディングで製作費を募り、RSCの実店舗や通販サイトで販売する。同委員会は、事件の概要を描いた漫画「スプリット・デシジョン」をネット公開。街頭宣伝などで使う横断幕を作成するなど支援を続けている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年9月16日のニュース