井上尚弥、4団体統一「可能性はかなり高い」 転級は「フィットするタイミングで」

[ 2021年7月30日 15:11 ]

インタビュー動画で「今後への思い」を語る井上尚弥(公式アプリ「NAOYA INOUE OFFICIAL APP」より)

 プロボクシングのWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)が30日、公式アプリ「NAOYA INOUE OFFICIAL APP」の動画を更新し、「今後の動向」について語った。

 6月に米ラスベガスでIBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)を3回KOで下してWBA5度目、IBF3度目の防衛に成功。帰国後2週間の隔離期間を終え、収録されたインタビューの第3弾。井上は「統一戦が階級最強を証明する一番わかりやすい形。バンタム級の王者たちが(統一の)動きをしてきている。可能性はかなり高い」と4団体統一の野望実現について語っている。

 また、転級についても言及。「自分の適性階級で、自分の強さが一番出せる階級で強さを証明したい。スーパーバンタムにフィットするタイミングで上げる」とし、今後については「ワクワクしかない。もっと突き放してやろうという気持ち」と話している。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年7月30日のニュース