女子フェザー級20歳の入江 判定フルマークの完勝発進 12年ロンドン五輪から正式種目で歴史的1勝

[ 2021年7月25日 05:30 ]

東京五輪第2日 ボクシング女子フェザー級1回戦   入江聖奈 判定 ソロルサノ ( 2021年7月24日    両国国技館 )

女子フェザー級1回戦 3回、エルサルバドルのヤミレト・ソロルサノ(左)を攻める入江聖奈
Photo By 共同

 ボクシング女子フェザー級の日本女子として初めて五輪のリングに立った20歳の入江が5―0で判定勝ちし、26日の2回戦に進んだ。

 2012年ロンドン五輪から採用された女子ボクシングで歴史的1勝。左ジャブから組み立てて主導権を握り、フルマークで完勝した入江は「左ボディーがよく当たったのが良かった。女子ボクシングはマイナー種目なので、盛り上げていきたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年7月25日のニュース