中谷正義、試合リングを確認 ロマチェンコ戦へ「集中して行きたい」

[ 2021年6月24日 14:47 ]

試合会場となるヴァージンホテルズ・ラスベガスのリングに立つ中谷正義(左)と村田昴(帝拳ジム提供)
Photo By 提供写真

 米ラスベガスで調整中のプロボクシング元東洋太平洋ライト級王者・中谷正義(32=帝拳)と村田昴(24=帝拳)は23日(日本時間24日)、試合会場となるヴァージンホテルズ入りし、プロモーション用の撮影や試合リングのチェックなどを行った。

 26日(同27日)に元3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(33=ウクライナ)と対戦する中谷はジムを通じて「明日は昼から記者会見で、その後は体重の最終調整になりそうです。試合まであと少し、集中して行きたいと思います」とコメントを寄せた。

 また、中谷―ロマチェンコのアンダーカードでケヴェン・モンロイ(米国)とプロデビュー戦を迎える村田は、「試合会場を実際目にしてここで試合するんだと思うと緊張もしましたが、リングに上がるとワクワクもしました。試合がとても楽しみです。体調もバッチリなので試合楽しみにしててください」とコメントした。

 24日(同25日)には公式記者会見が同同ホテルで行われる予定となっている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年6月24日のニュース