アマ8冠・中垣龍汰朗 ユース王座かけ無敗の逆輸入ボクサーと対戦へ

[ 2021年5月7日 19:59 ]

中垣龍汰朗(大橋ジム提供)
Photo By 提供写真

 大橋ジムは7日、プロボクシング興行「フェニックスバトル78」を7月8日に東京・後楽園ホールで開催すると発表した。アマチュア8冠の中垣龍汰朗(21=大橋)は日本ユース・スーパーフライ級王座決定戦で、メキシコ逆輸入ボクサーで6戦6勝4KO無敗の花田歩夢(19=神拳阪神)と対戦する。

 また、ウエルター級8回戦で小畑武尊(22=D東保)と近藤哲哉(24=横田S)が激突。2019年度全日本新人王の森且貴(21=大橋)と2021年度全日本新人王の小島蓮(19=江見)の対戦のほか、溜田剛士(27=大橋)―それいけ太一(29=湘南山神)も組まれた。厚地嶺(21=大橋)、酒田吹雪(25=大橋)のデビュー戦も予定されている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年5月7日のニュース