WBO女子世界アトム級王者・岩川美花 姫路木下ジムへ移籍 前所属の高砂ジムは無期限の活動停止中

[ 2021年4月5日 05:30 ]

姫路木下ジムの木下貴志会長(左)と同ジムへ移籍した岩川美花
Photo By スポニチ

 プロボクシングのWBO女子世界アトム級王者・岩川美花(37)が今月1日付で姫路木下ジムへ移籍したことがわかった。5日に日本ボクシングコミッション(JBC)から公示される。前所属の高砂ジムは、山下忠則会長が住居侵入の疑いで3月2日に逮捕され、JBCから無期限のライセンス停止処分を科された。

 新たな活動拠点が決まった岩川は晴れ晴れとした表情で「受け入れていただいて感謝しています。(姫路木下の)選手は一生懸命に練習に取り組んでいる。その中に入り、チャンピオンとして防衛なり、他団体王者との統一戦に臨みたい」と話した。以前からスパーリングなどで姫路木下と交流があり、前所属が活動停止となった今回も練習場所の提供を受けていたという。

 姫路木下の木下貴志会長は「世界王者が所属するのは初めて。凄い選手を預かるので責任重大。(マッチメークなど)本人の気持ちを大事に動いていきたい」と話した。

 岩川は18年7月に池山直(フュチュール)からベルトを奪い、20年9月に初防衛に成功した。次戦は未定。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年4月5日のニュース