京口 米デビュー戦KO勝利だ「仕上がりいい。倒すことにこだわりたい」

[ 2021年2月20日 05:30 ]

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ   スーパー王者 京口紘人《12回戦》同級10位 アクセル・アラゴン・ベガ ( 2021年3月13日    米テキサス州ダラス )

米国での防衛戦に向けて森且貴(左)とスパーリングを行った京口紘人(ワタナベジム提供)
Photo By 提供写真

 3度目の防衛を目指す京口がリモートで練習を公開した。

 日本ミニマム級7位の森且貴(大橋)ら3選手と計12ラウンドのスパーリングを実施。疲れが蓄積する終盤も森のスピードにしっかり対応し、「集中力を切らさずにできた。仕上がりは結構いいかな」と手応えを口にした。京口にとっては念願の米デビュー戦。「米国のファンにアピールするためにも、倒すことにはこだわりたい」とKO勝利を誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年2月20日のニュース