ボクシング元世界2階級制覇王者の粟生隆寛さんが「いい夫婦の日」に結婚

[ 2020年11月23日 10:41 ]

粟生隆寛インスタグラム(@takahiro_aoh)より

 プロボクシング元世界2階級制覇王者の粟生隆寛さん(36)が自身のインスタグラムで「いい夫婦の日」の11月22日に結婚したことを発表した。

 「ご報告」と題して夫人と婚姻届を手にする写真を投稿。「本日、2020年11月22日入籍致しました」と報告した。相手の名前や年齢などは公表していないが、「コロナ自粛期間、一緒にいる時間が長かったこともあり、あまりにトントン拍子過ぎて、自分たちもびっくりしています」と説明し、「これから先、大変な事も多いと思いますが、諸先輩方にアドバイスをいただきながら、2人で協力し合い幸せな家庭を築いていきたいと思います。今後とも夫婦共々、よろしくお願い致します」とつづった。

 粟生さんは習志野高校時代に史上初の高校6冠を達成。2003年9月にプロデビューし、07年3月に日本フェザー級王座、09年3月にWBC世界同級王座を獲得。初防衛戦で敗れて王座陥落したものの、11年4月に1階級上のスーパーフェザー級でWBC世界王者となり、3度防衛した。18年3月を最後に試合を行うことなく、今年4月6日、36歳の誕生日にインスタグラムで引退を発表。現在は帝拳ジムのトレーナーとして後進の指導に務めている。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年11月23日のニュース