はじめの一歩トーナメント決勝大会開催へ クラウドファンディングで支援517万円

[ 2020年7月6日 00:15 ]

 ボクシング興行会社DANGANが「はじめの一歩30周年記念フェザー級トーナメント決勝大会」(8月22日、東京・後楽園ホール)を開催するために実施したクラウドファンディングが5日に終了。目標額500万円に対し、174人から計517万8555円の支援が集まった。

 当初は無観客を想定しており、会場費やファイトマネー、ポスター・パンフレット制作費などを補てんするために実施。先月29日には観客を入れての開催が決まり、リターン(返礼品)に観戦チケットを追加したことも追い風となって目標額に到達した。

 トーナメントは昨年11月に日本、韓国、中国、フィリピンから計7選手が参加して開幕。5月17日に行われる予定だった決勝には渡部大介(ワタナベ)と草野慎悟(三迫)が勝ち進んだ。優勝者は賞金100万円に加え、週刊少年マガジン(講談社)で連載中の人気ボクシング漫画「はじめの一歩」に登場する権利も獲得できる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年7月5日のニュース