村田 WBCヘビー級新王者フューリーを称賛「ボクシングの奥深さを知った」

[ 2020年2月24日 05:30 ]

WOWOWで生中継されたWBC世界ヘビー級タイトルマッチでゲスト解説を務めた村田諒太
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(34=帝拳)が、WOWOWで生中継されたWBC世界ヘビー級タイトルマッチのゲスト解説を務め、新王者タイソン・フューリー(31=英国)を称賛した。18年12月に三者三様の判定で引き分けたデオンテイ・ワイルダー(34=米国)との再戦で2度のダウンを奪うなど、10度防衛中だった無敗王者を7回TKOで沈めた。

 村田は「一ファンとして面白かった。いい意味で裏切られ、知的欲求とか好奇心を満たしてくれた。ボクシングの奥深さを知った一日でした」と興奮気味に振り返り、「前に出ることでパンチを殺していた。フューリーは本当に頭のいい選手。もっと突き詰めたいと思わされた」と刺激を受けた様子だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年2月24日のニュース