村田諒太 初防衛戦へ練習公開 今後の調整は「大谷翔平の目標達成シート」参考?

[ 2019年12月5日 16:28 ]

<村田諒太練習>カルロストレーナーとミット打ちをする村田(左)(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(33=帝拳)が5日、都内のジムで同級9位スティーブン・バトラー(24=カナダ)と対戦する初防衛戦(12月23日、横浜アリーナ)に向けての練習を公開した。

 前日に6ラウンドのスパーリングを行ったという村田は15分間の縄跳びの後、4ラウンドのシャドーボクシングで自身の動きを入念にチェック。「きのうのスパーでショートブローを打とうとして打てなかった。途中で体を突っ込みを修正したら打てるようになったので、そのあたりの確認」と説明した。

 試合まで残り2週間半。バドラーに対する戦術は固まっており、村田は「プレッシャーをかけて、しっかり手数を出す。相手が嫌になるまで殴る。その前に倒れてくれたらありがたいけど。変な一発をもらわないように、しっかりブロックしてプレッシャーをかけていく」と自分に言い聞かせるように話した。

 来週までスパーリングは続けるが、村田は「大谷翔平の目標達成シートみたいに、やるべきことを分割してやっていこうと思っている」といい、今後は減量を含めたコンディショニングを重点を置きながら、やるべきことの確認作業を進めていくことになる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年12月5日のニュース