拳四朗 V6へ圧勝宣言「モチベーション高い」

[ 2019年7月11日 05:30 ]

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ   王者・拳四朗 《12回戦》 同級1位ジョナサン・タコニン ( 2019年7月12日    エディオンアリーナ大阪 )

拳四朗
Photo By スポニチ

 自身3年ぶり、世界戦では初めて関西のリングに上がる京都出身のWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗は「凄くモチベーションが高い。成長を見てほしい」と6度目の防衛を誓った。会見には「とりあえずカッコ良く」とジュン・ハシモトのスーツ、クリスチャン・ルブタンの“とげとげシューズ”という総額30万円のコーデで登場。東京では計量直後に西麻布の高級焼き肉店の弁当で栄養補給するが、今回は堺市の有名店から届く予定で、体重も9日の時点でリミットまで1キロ未満と順調そのもの。「もらわずに当てるスタイルで圧勝したい」と意気込んだ。

 ▼ジョナサン・タコニン タイトルを獲れば人生が変わる。拳四朗の出方次第で変わるが、中へ入ってプレッシャーをかける闘い方をしたい。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年7月11日のニュース