【浜田剛史かく戦え】村田、序盤に打ち合って前回と違う展開に

[ 2019年7月11日 09:00 ]

WBA世界ミドル級タイトルマッチ   王者ロブ・ブラント≪12回戦≫同級4位・村田諒太 ( 2019年7月12日    エディオンアリーナ大阪 )

会見を終え浜田剛史帝拳代表(左)と話す村田諒太 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 再戦は相手に知られているやりづらさよりも、相手を知っているやりやすさをいかに出すかだ。初戦でブラントは村田を研究し、オーバーペースとも思える積極的な闘い方で快勝した。いまさら村田を前に出させるようなアウトボクシングをしてくるとは考えづらい。

 だからこそ、序盤に村田が初戦とは違う流れをつくれるかが鍵を握る。そのために必要なのは打ち合いだ。前回はガードを固め、距離を詰めてから打とうとして先に打たれていたが、今回は多少強引でも最初から打てばいい。ブラントが打つ距離は村田にとっても当たる距離。相打ちになっても、3発打たれたら2発返すこと。パワーでは村田が上だ。

 序盤は手数でポイントを取られても構わない。相手の足を止めるボディーは、無理に狙わなくても打ち合いの距離になればコンビネーションで狙える。もし、ブラントが打ち合わずに下がるようなら得意の追いかける形にも持ち込める。今はどの攻めが最適か、瞬時に判断して出せるかの対応力も重要となる。

 前回、村田は風邪をひいて調整に影響し、試合前は「次はゴロフキン」と言われて「次へつなげる勝ち方」にこだわらざるを得なかった。だが、今回は勝ちさえすればいい。初戦とはそこが大きく違う。(元WBC世界スーパーライト級王者)

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年7月11日のニュース