王者ブラント、前日計量で余裕の笑み 村田に「前回より体調が良さそう」

[ 2019年7月11日 14:06 ]

<ボクシング世界戦前日計量>フェイスオフで火花を散らす村田(左)とブラント(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ボクシングのダブル世界戦(12日、エディオンアリーナ大阪)の前日計量が11日、大阪市内のホテルで行われ、WBA世界ミドル級タイトルマッチで村田諒太(33=帝拳)の挑戦を受ける王者ロブ・ブラント(28=米国)はリミット(72・5キロ)を300グラム下回る72・2キロでパス。計量後に相手と向かい合うフェースオフでは約20秒間にらみ合ったが、「準備できていると思った。エキサイティングな気持ちになった」と余裕の笑みを浮かべながら話した。

 村田については「前回より体調が良さそうで、いい試合ができると思うので喜ばしい」とコメント。計量後に何を食べるかと聞かれると「素晴らしい日本食を食べてみたい。ヌードル?いいね」と笑いながら答えた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年7月11日のニュース