岩佐亮佑「厳しい環境で練習を」 次戦見据えロス合宿出発

[ 2019年4月22日 15:44 ]

米ロサンゼルスでの合宿へ出発前に取材に応じた前IBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑
Photo By スポニチ

 ボクシングの前IBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑(29=セレス)が22日、米国ロサンゼルス合宿に出発する前の成田空港で取材に応じ、「向こうの選手はタイミングとかリズムとか違うので肌で感じてきたい。練習方法とかも知りたい」と意気込みを語った。

 岩佐が海外で合宿を行うのは15年のフィリピン以来2度目で、米国では初めて。現地で合宿中のWBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(28)と合流し、伊藤ともスパーリングを行う予定だという。

 岩佐は昨年8月のV2戦でTJ・ドヘニー(アイルランド)に判定負けして王座から陥落したが、6カ月ぶりの再起戦となった今年2月の挑戦者決定戦でセサール・フアレス(メキシコ)に10回負傷判定で勝ち。「覚悟を決めて倒されても突っ込む気持ちで臨んで、その通り行動できた。自分のボクシングではなく、相手のペースに引き込まれたのに、ひっくり返せたのは自信になった」と振り返った。

 次戦は未定だが、米国での試合になる可能性が高く、今後の海外での活躍も視野に入れて今回の合宿を計画。「日本にいれば、全部が全部、僕中心に周りが動いてくれるので、厳しい環境で新しい気持ちで練習したいと思った」と説明した。

 1月に高橋竜平(横浜光)を下して初防衛に成功した現王者ドヘニーは26日(日本時間27日)にWBA王者ダニエル・ローマン(米国)と統一戦を行う。岩佐は、その試合も現地で観戦する予定だ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年4月22日のニュース