K1武尊 腱断裂の拳の手術成功を報告「1日でも早く戦える拳に」

[ 2019年4月13日 21:18 ]

K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者の武尊
Photo By スポニチ

 腱断裂で長期欠場を発表していたK-1・3階級制覇のスーパーフェザー級王者・武尊(27)が自身のインスタグラムを更新し、手術の成功を報告した。

 3月、現役ムエタイ王者のヨーキッサダー・ユッタチョンブリーとの一戦でKO勝利を収めたが、拳の腱断裂。全治半年で長期欠場を余儀なくされた。

 インスタグラムには手術終了後とみられる写真とともに、「無事手術成功しました。たくさんの応援メッセージ本当にありがとうございます。ここからが勝負なので1日でも早く戦える拳に戻せるよう頑張ります!少しだけ待っててください。」とコメントをつづった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年4月13日のニュース