×

エンゼルス・大谷、右前腕部に新兵器 黒いバンドで“ストレス”測定

[ 2021年2月20日 05:30 ]

ブルペンで投球する大谷(球団提供)
Photo By 提供写真

 エンゼルス・大谷はキャッチボールだけでなく、ブルペンでも右前腕部に黒いバンドを装着して投球。「あれは保護するものではなくて、ストレスだったりを測るもの」。

 18年10月に受けた右肘手術から2年4カ月。「毎日の腕にかかるストレスなどのデータを集め、自分が1年間(先発で)回るのに、一番良い登板間隔の過ごし方だったり、球数だったりを探していこうというもの」と解説した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年2月20日のニュース